何かといえばたとえは無いけど突き進んでいく毎日がある

年賀状作成ソフトの上手な商売

年末年始の忙しさもやっと山を越えて、徐々にまた日常に戻ってきているなと感じています。
少し気になっている本を買いたいなと思い書店に行きました。
書店に足を入れると、いちばん目立つところにある平台には新刊や話題の本などが積み上げられています。
以前までとちょっと光景が変わったなと思い、少し前を思い出すとここには年賀状作成の雑誌が置かれていたような気がします。
すっかりラインナップが変わってしまったことに、もう次の季節へ移り変わり始めていることを感じました。
よく考えると、年賀状作成ソフトや雑誌というのはすごくよく考えられたビジネスモデルだと思います。
毎年変わる12の干支に合わせたテンプレートがあり、前年のものを再利用することは基本的にありません。
また干支が一周する12年後にはパソコンのOSも変わり、またそのときどきのトレンドも変わっていると思います。
そうすると、毎年一年ごとにセールスチャンスのある商品ということになります。
年賀状を含め、郵便の利用はかなり下がったと言われますが、それでもある程度の需要が見込める年賀状です。
そういえば私の母も買っていたなと思い、なんとなく見かけると買っておこうかなと思わせるような商品のようです。
そうしたところにちょっと関心を持った新年の本屋さんでした。

最新記事

  • 年末年始の忙しさもやっと山を越えて、徐々にまた日常に戻ってきているなと感じています。 少し気になっている本を買いたいなと思い書店に行きました。 書店に足を入れると、いちばん目立つところにある平台には新刊や話題の本などが積 …

    年賀状作成ソフトの上手な商売

  • 今日は2歳になったばかりの息子と久々の公園へ遊びに行きました! 少し前に中耳炎になってから、あまり外で遊んでいなかったら、息子も外に出たがらないので、外に連れ出すのも一苦労でした。しかし、やっぱり外に出て公園に行くと遊び …

    冬の過ごし方